2017ミヤザキモトクロスチャンピオンシップR1

2016/9/18開催。曇り時々晴れ一時雨。ウェット/マッド。

データ

レポート

いよいよ始まった2017年シリーズ戦。開幕戦にふさわしく、各クラス盛り上がりました。前日の夕方までは、コースはベストコンディションだったのですが、台風16号の影響で、夕方以降時折降った雨で、ウエットなコンディションで当日を迎えました。 台風からもたらされる湿った空気は、熱帯か?の蒸し暑さ。コースも徐々に乾いてきた頃、雨。午後からはスリッピーなコンディションとなりました。ライダーのみなさん、お疲れ様でした。 シリーズ戦は4月まで、毎月1回開催されます。今シリーズもよろしくお願いいたします。追記。今回は震災にあわれた熊本からも複数のライダーさんたちが参戦。150cc以下エキスパートクラス総合5位のアバンテージュRTの川上詔二選手からは、 「昨シーズンの最終戦のすぐ後の地震、たまたまもらった賞品のカップ麺で食いつなぐことができました。」とコメントをいただきました。こうして参戦していただき、こちらも元気をもらいました。ありがとうございました。

150cc以下EXPERTクラス

ヒート1、昨シーズンのチャンピオン#1那須伊雪選手がスタートから飛び出して、1度もトップを譲ることなく1位でゴール。#3是澤翔選手も終始2位と健闘。3位には1周目11番手から追い上げ#9小原タクヤ選手。3名とも中学生ライダー。4位には今季4スト150にスイッチしたばかりの#8川原直幸選手が大健闘。序盤3番手を走っていた55歳の#6川上詔二選手が5位。最後尾から追い上げて見事6位は#4三角真矢選手。

ヒート2、スタート直後の1コーナー先2ヶ所で転倒者、混乱の中#9小原タクヤ選手がトップ。転倒で出遅れた#1那須伊雪選手はあっという間に追い上げて、3周目にはトップにたつ。1周目2番手の#7原正人選手はいいペースで走行していたが、なんとラスト2周のところでガス欠!!最後は押してのゴールとなった。1位は#1那須伊雪選手、2位に#9小原タクヤ選手、ほぼ最後尾からの追い上げで見事3位は#3是澤翔選手。4位#8川原直幸選手、5位#6川上詔二選手、6位#5三角真矢選手。ヒート1と顔ぶれは同じとなった。

ちなみに、今回のこのクラスの年齢層ですが、10代が38%、30代以上が62%と、圧倒的におじさんライダーの数が多かったです。おじさん達も頑張ってますよ~。ということで、今シーズンも35歳以上のランキングも出したいと思います。

150cc以下Bクラス

ヒート1、3周目トップにたった15歳の#72中村祐喜選手が2位以下をひきはなしてトップでゴール。一時はトップも走行50代の#37古川太選手が2位。1周目トップの150クラス最高齢61歳の#43坂本今朝利選手が3位と健闘。4位に65CCの#42今岡駿太選手、5位に50代の#36長友徹選手。

ヒート2、1周目からトップを走行していた#72中村祐喜選手が、ラストラップでマシントラブルのリタイヤとなった、残念!2位にはヒート1の屈辱を果たして#21田所陽平選手。2位に#37古川太選手。3位には10歳の#46河野勝摩選手が健闘。お昼の雨でスリッピーなコンディションとなり、小学生ライダーたちは転倒も多かったですが、みんな頑張りました。

250/450ccクラス

今回は17台とたくさんのエントリー、ありがとうございました。ヒート1、今季より150ccから250ccにスイッチした高校生ライダー#1小原ヒカル選手、さすが150ccクラスでチャンピオンを獲っただけあって、安定した速さ、終始トップを守り1位でゴール。2位にはさすがベテラン#85村上丈二選手、遠く長崎からたくさんのチーム員を引き連れての参戦、ありがとうございました。#9澤辺昭光選手と#51押川智美選手が何度も入れ替わる3位争い、押川選手に軍配があがりました。惜しくも4位#9澤辺昭光選手。5位には初参戦の#211村上和也選手。

ヒート2、お昼の雨上がり直後で超スリッピーなコンディション。#1小原ヒカル選手が終始トップを守りゴール。わずか2.7秒遅れで惜しくも2位は#85村上丈二選手、さすがです。そして3位には、普段はエンデューロレースがメインというだけあって、むずかしいコンディションの中、大健闘#211村上和也選手。4位には相当疲れました#51押川智美選手。5位にはこれまた大健闘、鹿児島からエントリーの#84橋野翔太選手。スリッピーなコンディションで溝ポチャしてしまった#9澤辺昭光選手、#7大西健太選手、泥で見えなくなってコースアウトしてしまった#6布目泰啓選手、その他のみなさんもお疲れ様でした。

50ccクラス

50ccクラスが一番スリッピーなコンディションでのレースとなってしまいましたが、子供達は元気いっぱい。お助けマンの、お父さんお母さんたちも、お疲れ様でした。両ヒートともトップ4は同じ、1位に#7渡邊賢斗選手、2位に#13古賀翔馬選手、3位に#15中川豪優選手、4位に#8川畑正俊選手、みんな速くなっています。ヒート1で5位には#1山口智彦選手。ヒート2では初参戦の#81脊戸貴弘選手が健闘しました。超スリッピーなコンディションのヒート2でも、全員完走しました。頑張りましたね。今回はキッズオンリーでしたが、50ccでも年齢問わず参戦できます。大人ライダーもカモ~ンです。

ページのトップへ戻る