2018ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.2

2017/10/29。曇りのち晴れ・マディ。

データ

レポート

9月の開幕戦が台風で中止となり、実質の開幕戦となった第2戦、今回もまさかの台風の影響を受け、朝まで強風の残る状況。1時間遅らせてのタイムスケジュール。レース時間はプラス2周のところをプラス1周にして行われました。決勝レースが始まる頃には、天候も回復。午後からは青空の穏やかな天気となりました。マディではありましたが、コースをショートカットすることもなく走行することができました。参加者のみなさんのあたたかい協力のもと、レースができました。ありがとうございました。

150cc以下EXPERTクラス

30代以上と10代のライダーが半々となった今回。ヒート1、2周目からトップを独走の#8那須愛斗選手が圧倒的な速さで1位。2位には2周目に転倒で5番手からの追い上げ#4小原タクヤ選手。3位には1周目9番手から追い上げて#5川原善幸選手が大健闘。4位には50代の#11川上詔二選手、今後の活躍に期待。#27羽田広喜選手が熱い走りで5位に。ヒート2、#8那須愛斗選手がヒート1と同じ展開で2周目からトップにたつと独走、ピンピンでの総合優勝。2位には3番手から追い上げて#4小原タクヤ選手。3位には、ホールショットだった#5川原善幸選手が健闘。終始4位と健闘は#3川原直幸選手。5位には9番手から追い上げて#21豊丸良選手が入った。

  

150cc以下Bクラス

ヒート1、3番手発進の#41坂本今朝利選手が1位。2位には前半トップだった#57坂口健志郎選手。3位にレンタルCRF125Fの#99丸社長。 ヒート2、2周目からトップを守った#23中尾蓮選手が1位。2位には#99丸社長。3位にホールショットの#41坂本今朝利選手。 新顔さん、65ccキッズライダー、レディースライダー、マディコンディションの中、走りきりました。

  

250/450ccクラス

   

若手からおじさんまで、15台が参戦。今シリーズも盛り上がりそうです。 ヒート1、トップ4は1周目から順位が変わらずでのゴール。1位#87那須伊雪選手、2位#1小原ヒカル選手、3位#9澤邊昭光選手、4位#51押川智美選手。5位には最終ラップで頑張って#24坂井幹夫選手。 ヒート2、圧倒的な速さで#87那須伊雪選手が1位。終始2位には#1小原ヒカル選手。3位には#41久保田真透選手が健闘。4位には安定した速さで#9澤邊昭光選手。5位には1周目3番手だった#56三角真矢選手。

      

50ccクラス

初参戦の#15寺原雅人選手が両ヒートを制し優勝。両ヒートとも2位には#17今岡陸駆斗選手。両ヒートとも3位に#8川畑正俊選手となった。むずかしいコンディションの中、みんな頑張りました。

  

ご協賛

久保様、三角様、ブリヂストン様他。ありがとうございました。

ページのトップへ戻る