2020ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.5

2020/1/12開催。晴れ。ドライ。

データ

レポート

シリーズ戦も大詰め。新年初のレースとあり、「安全祈願祭」も行われました。今回は遠くは山口県や長崎県からも参戦いただきました。明け方の小雨が、散水作業替わりになりました。公式練習では、少しスリッピーでしたが、ほぼベスコンでのレースとなりました。

150cc以下EXPERTクラス

   

ヒート1、1周目トップ5は#17甲斐原飛源選手、#3今岡駿太選手、#55馬場新一郎選手、#1小原タクヤ選手、#7柿田幸大選手の順。2周目#3今岡選手がトップにたつ。4周目追い上げてきた#1小原選手がトップにたつと、1位でゴール。2位には#3今岡駿太選手、3位には#17甲斐原飛源選手。ヒート2、中盤までのトップ4は、#1小原タクヤ選手、#55馬場新一郎選手、#17甲斐原飛源選手、#3今岡駿太選手の順。終盤2番手争いの接近戦となる#55馬場選手、#17甲斐原選手、#3今岡選手。#1小原タクヤ選手は余裕でトップでチェッカー。ラスト2周で#3今岡駿太選手が2番手になりそのまま2位でゴール。惜しくも3位に#55馬場新一郎選手。

150cc以下Bクラス

#36寺原雅人選手が両ヒートを制して優勝。ヒート1では#48石松隼太選手が2位。3位に#95小原武選手。ヒート2では2位に小原武選手。3位に#48石松隼太選手。あちらこちらでバトルが繰り広げられた。

250/450ccクラス

   

ヒート1、序盤#94林春日選手がトップを走るも転倒によるマシントラブルで後退。変わってトップに出たのは#41久保田真透選手。終盤、#12川原善幸選手が追い上げをみせトップにたつとそのまま1位でチェッカー。2位には#41久保田真透選手。3位には、#71上田恵司選手が健闘。ヒート2、終始トップ3は変わらず、#12川原善幸選手が1位でゴール。2位には#41久保田真透選手。3位に#94林春日選手が健闘。今回、半数以上は40代以上のおじさまライダーでしたが、みなさん熱い走りでした。

   

50ccクラス

今回は初参戦のライダーを含む今季最多の13台が出走でにぎわいました。ヒート1、#95桑津りひと選手が圧勝。2位には#38三輪風太選手が健闘。熾烈な3位争いを制したのは#75羽田啓人選手。ヒート2、終始#11住連木義人選手がトップを走り1位。序盤2番手の#95桑津りひと選手は転倒で後退。2位には#75羽田啓人選手。3位にはレディースの#30甲斐原楓翔選手が健闘。

    

ご協賛

宮原光様、江崎農園様、小原武様、ブリヂストン様他。ありがとうございました。

  
ページのトップへ戻る